スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
去勢手術・避妊手術しました!
少ーしづつ、秋が近づいてきたという気がします。  ちと、せっかち過ぎですか?
マンションのセミの声も聞こえなくなったような・・・!?

さて、お盆に入った頃でした。
我が家のワンコ、さーと吟ちゃんの去勢・避妊手術のためシエル動物病院に行きました。

シエル動物病院

↑↓診療室。。。看護士さんが先生を呼びに行った間に撮りました。

シエル動物病院
ワンコはどうか分からないけど、飼い主の私達は落ち着く空間でした。
狭くなく、広くなく・・・インテリアもなんとなくカフェチックで。
窓から見える緑にも癒されるような・・・

診療室で
初めての病院だったので、どんな先生だろとちょっぴり期待と不安の入り混じった時。
さーと吟ちゃんは、バッグの中で何を思っていたんでしょう?
嫌な予感。。。してたかな?
何故かバッグの中には音の出るゴムのオモチャが入ってました(笑)。

表れた先生はとっても感じのいい方でした。
スラッとしたスポーツ選手っぽくて、年齢は30代~40代はじめってところでしょうか。
とても穏やかに丁寧に話をしてくれましたし、私達の話も聞いてくれました。

11時に病院に行って預け、2匹は手術前の検査。
午後1番に手術、夕方6時半に迎えにとのことだったけど遅刻して7時過ぎに★

実は検査の結果、さーが肝臓の数値(GTP)が基準よりちょびっと高くて
肝臓の薬を1週間飲ませて治してから手術をするか、手術を先にして肝臓を1週間薬で治すかで
私の携帯電話に先生から連絡が入りました。
悩んだあげく、我が家の神戸から芦屋の病院までが遠いことと、
手術は平日になるので私ひとりで息子とワンコ2匹を連れて来るのがしんどいってことで
この日に手術してもらうことにしました。

お迎えに行くとさーは元気!!で、私達の顔を見ると嬉しそうにしてました。

吟ちゃんはですね。。。問題でして。。。

手首に注射(麻酔)をしていて、手術後に取って首にカラーを付けようとした時に
吟ちゃんは注射器の先の部分と他にも食べちゃったんですって~~~汗。
先生は申し訳なさそうに白状仰ってくれました。
吐かせて出てきたけど、注射の先の方が出なかったそうで
うんちをしたら出てきたか見てくださいと言われました~

でも、ご安心を!
注射針は柔らかいもので安全です。実物を見せてくださいました!
1週間後にようやく、無事に出てきてホッとした次第であります★

病院で吐いた中には変な物もあったそうです。
聞いてると、おそらく家のゲージに置いてあるクッションの綿のよう。
あぁ、、、吟ちゃん、あなたえらいことしてくれたわね~~~~!

       吟ちゃん
おうちに帰ってもまだびびってる様子の今回の問題児吟ちゃん。
食いしん坊さんでもこの日の晩御飯は口をつけませんでした。
1週間後にカラーを外してあげたらお庭で散歩ができるようになった!
それまでは歩かず、窓のところにへばりついて「無理です。」・・・みたいな(笑)。

       さー
さーはメスの吟ちゃんより手術も簡単でお腹を切るのも少しなので喜んでお庭に出て散歩。
吟ちゃんがしんどそう?にしてるのを見て、注射をするのに毛を剃った手首を舐めてあげたり、
顔を舐めてあげたり普段以上に優しくしてたのが微笑ましかった~。
気の強い吟ちゃんもさーには心許してるんですわ。

1週間~10日以上したら抜糸に来てください、と言われましたので明日の土曜に行ってまいります。
大丈夫かな~??早くないかな~~?と心配ですが。

吟ちゃんの性格上、抜糸の時って麻酔しないから暴れまくって先生やら看護士やら
咬んだりするんじゃないかって思うのだけど・・・
注射器を食べた犬、って先生の記憶の中で相当ショッキングな出来事だっただろうから
その辺、注意してくれるかもしれないな~~~トホホ。

スポンサーサイト
スレッドテーマ [ ペット … ペットの健康・病気・怪我 ]
08/22 11:20 | ペット関連 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kurashinoitem.blog81.fc2.com/tb.php/306-17666b3b
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ルビー All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。